アチェンガルゴンパ
アチェンガル行きの乗り合いタクシーはぼろいワゴンタイプでスピードが出ず、2時間だと聞いていたところ片道3時間かかってしまった。
車によってだいぶ所要時間が違ってくるんだなー。


アチェンガルゴンパは、ラルンガル同様、カリスマ性のある高僧を慕って拡大していった修行の場とのこと。
10年前のガイドブックには、尼僧が6000人、僧が2000人修行していると書かれている。

道中、峠道は舗装がされてなくてかなり揺れ、海抜は不明だけどかなり高そう。
アチェンガルが4000mを越えている事を考えれば4300m以上はありそうな。
景色は最高にきれい。

今までチベットには秋か冬にしか来たことが無かったので、夏がこんなにも緑豊かで花が咲いててネズミが跳ねてるような気持ちのいい大草原が広がってるとは知らなかった。
荒涼とした茶色い大地も好きだけど、夏もいいなぁ。
車から外を見てると、草原でチベタンファミリーがよくピクニックをしてて楽しそう。

短い夏を楽しんでいるんだろうな。

アチェンガルゴンパもまた、すごく拡大中で新しいゴンパがどんどん作られていた。
また、あらゆるところが大量の造花で飾られていて、高地ならではの蒼い空とゴンパの赤い壁と造花の鮮やかさが目にしみる。花を飾る事も、祈りと信仰の一部であるのを感じる。強烈な日の光と風に晒され、退色している造花も美しかった。




















作りかけのマニ塚?巨大過ぎて全貌が見えない。

お堂を見た後、丘を登る。
丘のてっぺんには光り輝く黄金の仏像。

今にも雨が降りそうな不穏な空模様を背景に迫力と存在感と突拍子もなさと非現実感が同居していてなんともおかしな気持ちになる。
周りの草むらには、寛ぐラマ僧や漢族の観光客もちらほら。
丘の上からは川に囲われた僧坊郡を始めアチェンガルゴンパが一望できとても良い。





丘から僧坊郡の中へ。

丘に転々と置かれているこの小屋は何だろう?人が1人座れるのがやっとくらいの小さなドアなし窓付きの小屋がたくさんある。


僧坊郡
バラック小屋のような建物がひしめき合っている。
増殖し続ける蟻の巣のような混沌とした建築物は見てて飽きない。
そう言えば、昔から九龍城の写真集を眺めてはうっとりする程、ごちゃごちゃした巣のような建物群や生活空間を眺めたり想像したりするのが好きなんだった。
まさに、粗末な材料で増築改築を重ね増殖しているこの建物群は、信仰の場である事を抜きにしても面白い。
色が赤く無かったら僧坊には見えないだろうな。
ここに住む数千人の尼僧はどんな暮らしをしているのだろう。















尼さんはみんなチベット仏教ならではの臙脂色の僧侶の服を着ているけど、靴は自由なようで、ピンクのストラップシューズでキラキラしたビーズが付いたような可愛らしい靴を履いていたり、低いヒールのついたパンプスを履いていたり、蛍光イエローのスニーカーだったりと、それぞれの志向や靴を選ぶことへの楽しみを感じた。


他人が人様の生活空間に興味本位で踏み込む事に申し訳ない気持ちを抱えつつ、面白いと思う事が止まらない。

幾度となく、僧坊強制取り壊しになっているラルンガルゴンパは政府との駆け引きの中で、観光地化せざるえなかった事情があるのだろうが、アチェンガルはまだそこまでには至っていないように見える。
この無秩序で見方によっては不衛生で決して安全では無さそうで、それでいて信仰へのエネルギーが溢れている無二の僧坊郡がいつまでも存在できるとは思えない。

一時も休む事なく、変わり続ける東チベットの中で、今回アチェンガルに来れて本当に良かった。

そして、自分の寝坊と2時間で来れるだろうという見通しの甘さが悔やまれる、滞在時間が短すぎた…!
うーん、セルシュの騎馬祭が無ければこの前アチェンガルに泊まってペユル白玉に行ったんだけど。


アチェンガルゴンパの僧坊郡エリアは、そんなだから電気は来てるようだけど、水は共同の井戸なのか水道なのか、数人が固まって洗濯をしている場面をよく見かけた。
もちろん下水設備なんて無いだろうから、トイレ事情はどうなっているのだろう。
トイレに行きたくて、どうしようかと思いながら僧坊郡を抜け、橋を渡ったところに公共トイレ発見。
屋根無し、コンクリートなのに妙に有機的な塀にはスプレーで厠所の文字。
中は8畳くらいの長方形のスペースに細長い穴が、3×4列の12穴。
なんて開放的かつ一体的!
何度か来ている中国でもここまでスペースの共有率が高いトイレは初めてだー。
そして、やはりこちらの人もお尻はあまり人に見られたく無いらしく、(と言うか、僧侶の服はロングスカートの様な造りなので見る事も見られる事もないだろうけど)壁を背負える入り口から一番遠い後列の3穴は人気と見え、全穴埋まっている、かつトイレに足を踏み入れた瞬間に全員と目があう。
屋根が無い、というか外だから明るいよー。
そして私はこの目が合った人達の前の穴で彼女らにお尻を向けて座るのは恥ずかしいし、かと言って向いあったら入り口から入ってきた人にお尻を見られるしでどこにポジショニングすれば良いのかわからずパニくってその場で1回転したら、トイレ中のお三方に若干笑われ何かを言われ、場が、と言うかトイレが和んだ。
結局、どこでもいいからって言われた気がしたので、えいっと腹を決めて、手前の、壁から3穴目に後列の人と1穴開けて向かい合わずに同じ向きでする事に。
ちなみに交代で行った優子ちゃんは、やはり人気の後列3穴は尼さんで埋まってて、反対側の壁も向かい合って尼さんで埋まってて、仕方が無いから、後列の前の穴に後ろの人と同じ向きにしゃがんだら、わあって言われたらしい(笑)


ってゆう、最後長々とくだらないうえに下品な話題でごめんなさい。

アチェンガルとても面白かったです。
現在外国人立ち入り禁止のラルンガルに行けなくてもアチェンガルに行けばいいと思います。
本当に。
ぜひ。



アチェンガルの食堂でお昼ごはん。テレビにかじりつきの小さなラマ僧達。


ヤクと私

朝ごはん 2元
宿代 25元
カンゼーアチェンガル往復 90元
昼ごはん 13元
水とお菓子 15元
| - | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.momokokinoshita.com/trackback/216
トラックバック