ルンゴンゴンパと甘徳ガッデへ
マートウから隣の花石峡までは朝一のバスで15元と言われたので、朝早く起きて準備してたら、バスは西寧行きですぐに満席になってしまったらしく、バス移動は断念。
タクシーで1人50元で花石峡まで行こうとしたけど、花石峡まじで何にもない、道路しかない、ただ道と道の交差してるところにドライバー向けの商店とご飯やがあるだけのトラックステーション的な町っぽかったので、もうプラス50元で達日ダルラまで行く事にする。
花石峡で朝ごはん。太い春雨のスープを優子ちゃんと半分こする。辛くて美味しい。





途中の峠。
峠はタルチョがはためき気持ちいい。写真には映らなかったけど遠くに雪山が見えた。
この近くには、アムニェ・マチェンというアムド地方を象徴する重要な聖山があるらしい。
見たいなぁ。

ダルラに着いてとりあえず昼ご飯。青椒肉絲と白飯。今日の午後の動き方について話し合う。

ダルラに泊まるか、どこかのゴンパに行くか、マチェンまで動くか、いっそのことセルタから行きたかったけど行かなかったペマに行くとか…←やはりペマまで下ると5日のかなちゃんとの待ち合わせに間に合わないし、6日のレゴン入りも厳しくなりそうで断念。

何度も言うけど、今回、ザムタン、ペマ、アバ、ペユル、デルゲに行けなかったのが悔しい。
1カ月あればそれなりに見れると思ってたけど、やはり中国は大きい…。
観光ビザたったの30日なんて無茶すぎる。
4日いたセルシュは最終日、初日にはなかった音楽とイルミネーションとセットになった噴水が町の真ん中に出来てたし、おかしなデザインの街灯もたった。
たった4日間ですら、町の様子が変わっていく。
今回10年前のガイドブックを持ってきたので、分かってはいるけど、そこに書かれている事がもう存在しない事にせつなくなる。
馬に乗ったチベタンが行き交う町ももう無いし、西部劇のような渋くて濃いチベタンが闊歩する町ももう無い。

アムドは特に、町の建物自体がどこの町も同じ様な、漢人の町の様子に作られていて、町の外れにはアパートのような集合住宅や同じ作りの戸建が整然と建っている。
住む人にとっては便利になっているのだろうけど。
昔ながらの土と石で出来たチベット家屋もあまり見かけず、10年前はもうちょっと、チベタンエリアと漢族エリアで旧市街新市街みたいな感じで町が分かれていた記憶があるのだけど、今やどこも漢族っぽい街並みばかり。
どこにいっても建物やら道やらを作っているけど、民家は石と土がブロックとコンクリートに代わっただけのような方式で地震には弱そう。
午後はタクシーをチャーターしてルンゴンゴンパへ。200元。
結構遠くて着いた頃は16時に近い。
18時頃に戻るとドライバーに伝えたところ、夜走りたくないし、18時は無理だけど17時半までに戻って来るなら待っていてくれると言うので、バックパックはタクシーに預けて見て回る。
偉い人の説法会があったらしく、とても賑わっていた。
ネパールのボダナートみたいな大きなチョルテンがあった。
参道にはテント店がたくさん並んで洋服やおもちゃなどが売られている。
お堂は外観は雑な作りだなーと思ったのだけど、中に入ると壁画はとても丁寧に描かれていて面白かった。
早く帰りたがってたドライバーのおじちゃんに気を利かせて17時20分くらいに車に戻ると、おじちゃんテント店で友達と遊んでいて全然帰りたがらない。
飯でも食べとけば、とか言われる。
あんなに帰りたがっていたのに。
帰り道、途中から若いラマ僧が乗り込んできた。
彼は自分のスマホの中にまるでアイドルの写真を集める様に、たくさんの活仏の写真を保存していて、嬉しそうに色々と見せてくれた。
誰も知らなくてごめんなさい。

本当は大武ダウまで移動出来ればと思っていたのだけど、ゴンパが思ったより遠かったのでダウまでは行かず、ガッデ甘徳で宿を取る事にする。
ガッデはマートウと違い活気のある町だった。
珍しくちゃきちゃきしたチベタンのおばちゃんの宿に泊まる。

インドの時も思ったけど、しっかりした女の人が仕切ってる宿は比較的清潔な事が多い。

夜は広場で恒例の盆踊りを眺める。若い男女が楽しそうだー。


ルンゴンゴンパ中





ビーズ細工のようなもので出来てた。

巨大なストゥーパ。




ゴンパの前は日用品の出店がたくさんあって賑わっていた。




西瓜トラック。西瓜甘くて美味しい。

マートウからダーリータクシー
100元
朝ごはん 7元
ダーリーからゴンパ 100元
ゴンパーガッデ 50
水 2元
お菓子 6元
夜ご飯
宿 75元
| | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.momokokinoshita.com/trackback/215
トラックバック