砂漠でピクニック
昔インドのラジャスターン州で経験したなんとも微妙な思い出があるので、あまりキャメルサファリには積極的になれなかったので、ちょろっとでいいやと、1時間乗って木の下でランチ&昼寝休憩を3時間、また1時間で宿に戻るという、なんとも軟派なキャメルサファリをしてきました。(それでもお尻が痛くなる)



たまたま同じ木の下でランチタイムを取ったアメリカ人の夫婦はキャメルサファリ5日目らしい。
よく飽きないなぁ。
5日も!って驚いたら、まだ足りないと言ってたけど。そんなに楽しいかなぁキャメルサファリ…。
私は砂漠や荒野をジープでドライブの方がいいな。


ラクダ使いのハッサン。
ラクダ使いとマンツーマンだったらやだなって言った私に、2月にモロッコに来てるかずが、キャメルサファリはツーリストが連なって行くんだよって言ってたのだけど、アレンジした場所がマイナーなのか内容がマイナーなのか、完全マンツーマンだった。
インドもそうだったなあ。
なんでこんなるんだろ…。
まあインドの時と違ってハッサンはいい奴だったけど。

ベルベル人の若者はイケメン多いよとかずが言っていて、確かに。
エルフォードって町に夜着いた時、バス停で私をピックアップし、ガイドのオマールに引き渡すという5分程の役割りの名もなき青年が美形で、しかもカーキ色の渋いロングシャツに白いターバンという民族衣装が超似合っていて。
砂の色した夜の異国の街並みとターバンのイケメン。どこぞのアラビアンナイトだよと。


サラダを作るハッサン。



既に砂漠のテントで一泊してたので、本来はキャメルサファリ後、車でリッサニに行き夜のバスでフェズに行く予定だったのだけど、タールダントからの連日の移動プラス郵便局でのハードワークが祟って疲労で体調が優れない…。
このままキャメルサファリからのナイトバスなんて乗ったら確実に寝込みそうだったから、リッサニに行って安い宿でも取ろうかと思ったのだけど、その砂漠ホテルに出入りしているガイド達の勧めるがまま結局その場所でもう一泊する事に。


今までで1番良い部屋でいい値段。
やたらと広くホットシャワー、トイレ完備の無駄にデラックスルーム。
一泊200dh。
私にとっては安くないけど
でも夕朝の食事付いてこの値段は確かに安いかも。
お前にだけのグットプライスだみたいに言ってたけどどうだろう。
隣はアメリカ人の家族だったけど結構払ってるんじゃないかなー
しかも彼らは飲み物代は含まれていないみたいで、横で聞いてたらその飲み物代かなり高くてびっくり。
どういう支払い形態だったんだろう。
サハラにはキャメルサファリの拠点となるテント併設のホテルが点々と存在し、色んな会社のガイドやドライバーが出入りしているみたいだった。
仲間意識が強く、会うガイド会うガイドその人の懐にお金が入るわけではないだろうに、もう一泊しなよとか他のテントにラクダで行けばいいのにとか言ってくる。
アグレッシブに観光しない私は暇だからガイド達と適当なお喋りをして時間を潰す。それはそれで楽しい。
料金は私はツアー代として旅行会社に前払いしていて、延長の代金は現地ガイドのオマールとの交渉だった。
ツアー会社に払った650dhの何割がオマールに入り、何割がホテルに支払われるんだろうか。
延長料金の200dhのうち何割がホテル代なんだろうか。
知る術はないけれど。

本に、ツアー代とは別にドライバーやガイドや宿にもチップを払うのが望ましいと書いてあり、なんだかんだチップ代がかさみお金はかかってしまったけれど、のんびりできたおかげで体力は回復。


しかし、そんな今までで1番高い部屋だったのに毎回必ず見舞われるアクシデント!ついに!
夜中痒くて目が覚めて朝起きたらお腹や太ももあたりにたくさん虫刺されの跡が…。
ショック…
めんどくさがらず寝袋出せば良かったよ。
毎回こうなるんだよなぁ…。


早起きして近くの砂丘まで歩いて1人サンライズ。


サンセット。
本当に綺麗なんだが、顔にめがけて飛んでくる蠅だけが水をさす…

十分な現金を持たないまま砂漠に行ってしまい、最後チップ代すらままならなくて、リッサニで両替して、オマールに延長料金とチップを渡し、ホテルにもと100dh渡したんだけど、オマールが着服せずにちゃんとホテルに渡してくれたか心配…だけど知る術はない。
| | 18:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
毎回、面白すぎ(笑)
ほんと、旅ガイド出してほしいよ!!
なんか、行ってみたくなるんだよねぇ、ももちゃんの旅日記読むと!
| はづき | 2014/10/18 11:30 PM |
はづきちゃん、そう言われると嬉しいよ。いい歳して女1人でこんな旅しかしてないって若干引かれてるんではないかと思いながら書いてる(笑)
| もも | 2014/10/19 4:28 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.momokokinoshita.com/trackback/178
トラックバック