絨毯日記
タルーダントのスークは期待に反して、半分以上のお店がやっておらずがっかり。
街の人に理由を聞くも語学力が足りず理解がいまいち出来なかった。
時期的なものらしい。フェスティバル??だとかなんとか
ツーリストもあまり見かけない。
絨毯屋は9月から3月迄がハイシーズンなのにこの観光客の少なさはクライシスだって言ってた。

絨毯屋は営業してたので目的は果たせたのだけれど。
タルーダントでもほとんどの気力と財力を絨毯に費やし旅行4日目にして、今回は多めに用意したつもりの予算の10万円をすっかり使い切ったしまった…。
やばい。
どうしよう。
でももう絨毯の事しか考えられない自分がいる。
革製品も銀製品も他のモロッコ雑貨には興味が湧かず、絨毯は安い物ではないので万札がバンバン飛んでくよー

タルーダントは地方だからマラケシュより安いと思いきや絨毯に関しては高い気がしたな。最初の言い値もすげー強気だし。
値下げ率もよくない。
地方経済がよくないのかなぁ。
大きい街の方が競争率が高い分安いのか、目が肥えてきて私が欲しいと思う物がどんどん高額になっているのか。
これから行くフェズやカサブランカはどうだろう。
それ以前にもう軍資金がない…





この二枚セットで交渉し、決裂して手に入らなかった絨毯。
最初の言い値が16000dh日本円で約20万円とかでびっくり。
最終的に5000dh63000円くらいには下がったのだけど私は40000円以内で買いたかったのだよ。
もう無理だからやめようと向こうから言われ。
黒い方はちょっと未練あるなあ。
もうちょっと慎重に交渉して二枚で50000円くらいで手を打てばよかったかな。でも50000まで下がったかどうか…

その後別の店に連れていかれ、そこで上の茶色い絨毯と同じタイプ(サハラデザインらしい)でとても綺麗なものを見つけ二枚購入。
粘って粘って400ユーロ。約55000円。
た、高い…。
円安が憎い。

その後客引き的役割をしていたスークの中の靴屋さんの店に行き、日本へ郵送をする為にマラケシュで買った絨毯も合わせてパッキングしてもらう。
と思いきや、タールダントではエア便しか取り扱っておらず3キロ迄しかポストオフィスで出せないよ、船便はもっと大きい街で出さなきゃと最初に行った絨毯屋に通りすがりに言われ、パッキング終わってから言われてもさ…。
大誤算だよ。
4枚まとめちゃったから超重いんだけど。これ持って移動できるのか私…。
これを日本に送るとなるとどの位送料かかるのだろう…。とにかくお金が心配。


そのあとなぜか靴屋のおじさんがご飯食べに家に一次帰宅するのに誘われおじさん家でクスクスをご馳走になる。奥さん超若かくて可愛い。
モロッコ入って初クスクス。
美味しい。
原付きでくねくねと曲がりくねったメディア内の住宅地の細道を行くのは楽しかった。(おっさんとにけつだけども)


絨毯以外はなるだけ節約しようと二泊目から一泊50dh←630円の広場に面したカフェの二階のモロッコ人しか泊まってない安宿へ移動。
屋根裏部屋みたい。
一階のカフェはおっさん達の溜まり具合やばい。みんなトランプに高じていらっしゃる。
シャワーが水しか出ないからハマムに行くか迷う。
てか蛇口から出てくる水が雨水なのか透明じゃない気がして浴びるのが怖い。まあこんな事で100dhや200dh節約したところで絨毯買っちゃうと一瞬で吹っ飛ぶんだけど。

追記:翌日ふらふらしてるとまた絨毯屋に捕まり、ミントティーご馳走になりながら古い物やら色々見せてもらう。
見飽きない。
うっとりするなぁ。
黒いのは3500dhまでなら安くすると言われたけど日本円で44000円程。
無理だー
昨日別の店だと思ってた二店は同族経営だったらしい。
昨日お金使って今もうほとんど持ってないけど15000円なら買えるって言ったらやっぱりもう帰ってみたいな空気になった。
ごめん。
私だって欲しいのよ。
うーん20000円くらいになるなら考える。








| | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.momokokinoshita.com/trackback/173
トラックバック