タルーダントへ
4泊くらいする予定だったマラケシュを1日滞在しただけで南部の古都タルーダントに移動しました。
マラケシュは疲れたな。
一番最初に行った時のデリーを思い出す感じで胡散臭げな人にいちいち話しかけられるのとか、押しかけ案内でチップせびられるのとかがめんどくさくて、慣れる前に出ちゃえみたいな。
なんにも観光してないけど。
チップ要求されるのも嫌で写真すらほとんど撮ってない…
まあマラケシュならまた来る機会もあるでしょう。

昨日の夜、絨毯買ったしもうマラケシュに未練ないじゃん!と思いたち急遽プラン変更。
昨日の午後予約した土曜日発の砂漠ツアーをキャンセルしたり(これは100dhも持ってかれて結構イライラした)宿にも払ってた一泊分返してくれるようお願いしたり(すんなり返してくれ、清潔だしお湯も熱いし、ツアー等へのしつこい勧誘も無く、ホテルエッサウィラよかったな)

オンボロバスを乗り継ぎ、6時間程。
タルーダンドはのんびりしてて客引きも煩くなくいい感じ。

連日のハードスケジュールが祟ってバスに酔った上、絨毯を二つバックパックにつめ、入りきらなかった大判ウールの絨毯を手に下げ、ターミナルからメディナの中心まで歩いたら疲労と重みで吐きそうだった。
客引きいなきゃいないで当てもなく自力で宿探すの大変だし。
最初にみた宿が思いの外高かったけどまた新たに探す気力もなく決める。
一泊2000円。


マラケシュのバスターミナルで客引きの男に明らかに自分のマージン大幅に上乗せしたバスチケットの値段を言われ(ごねたら10dhずつ下がっていく)今思うと、ひたすら無視して自力でバスを見つけて運転手に聞くのが正解だったのかもしれないけど、観光客相手の客引き振り切るのもえらいたいへんで、周りの人も客引きの仕事の邪魔はしないようにしてるみたいで教えてはくれないし、かつ、チケットオフィスは機能していない事知らなかったしで、なかなかに正規料金で乗るのが難しかった。
たった500円とかの話しだけど公共の乗り物の料金ふっかけられると妙にイライラしてしまう。
地元の人がパンパンに詰まった大型のオンボロバスで、乗り物の中で一番安いはずで多分予想だけど70dhとか80dhくらいだったのではないかな。110dh払ったけど。
40dhで500円だから昨日絨毯に何千dhも使っておいて何を些細な金額にモヤモヤしてるんだって自分でも思うけれど。
最後、客引きにチケットを買う手伝いもしたし荷物も持ってあげたしチップくれって言われて、あなたはマージンしっかりとってるからあげないって突っぱねたらすごく悲しい目をして投げやりに去ってったからちょっとだけ罪悪感を感じてしまい…。憎みきれない。
だけどそれなりに盛ってるはずだからしょうがないよね…。
でももしかしたら正規料金とそんなに変わらなかったのかも…。(値切ってるし)
という最後まで妙にモヤモヤさせられる。
乗り継ぎ駅でのアガディールでは普通に正規料金で買えたので←25dhだった、やはりマラケシュが特殊なんだろうな。

絨毯に関しては、相場もなんとなく調べてきてるし、自分が出してもいいと思う金額を決めてから交渉するからたとえ最安値じゃなくても納得できるんだけど。
私が20000円以内で買いたいと思った大判絨毯を店主の言い値が60000円とかで私が8000円くらいから提示してじわじわと詰めていき16000〜22000円くらいの間で激しい交渉が繰り広げられ20000前後で成立する。みたいな。
売りたい人と買いたい人両方に情熱が無きゃいけなくて型があるせめぎ合いは結構楽しい。
でも昨日はそれを3回繰り返したから、多分それで今クソ疲れてるんだと思う。
最初に行った伝統工芸館は大幅にぼったりはしないみたいだけど、あんまりガツガツしてない分、むしろ交渉しにくい気がした。

タルーダントもスークが有名で、もちろん私はそのスークの絨毯屋に来たわけだけど、この疲労を回復させなきゃ絨毯屋に行くのは厳しいなぁと思い部屋でゴロゴロしてます。
明日行こう。
日曜日迄にザコラに行くのスケジュール的に厳しい気がしてきた。
もはや砂漠ツアーへのモチベーションがあまり無く、サハラはまた別の機会にするとかでもいいのかなぁとぼんやり考えてる。


オンボロバス。屋根にバイク?が乗ってる。満席になると出発するみたい。アラビアンミュージックが爆音でかかってて運転手のおじさんが歌いながら運転してた。
トイレに行きたい時は、おいてかれないように隣の人と運転手にトイレ行って来るからと超アピールしてから行く事にしてる。
外国人ツーリストだけのツアーミニバンよりこーゆう乗り物の方が性に合うと感じるのは若い頃に読んだ深夜特急の影響がいまだ根深いからなのかな。


マラケシュをでて1時間ほどで朝食休憩。9時発くらいなのだからみんな朝食食べてくればいいのに…と思いつつ自分も空きっ腹だったので、クリームチーズを挟んだパンとオリーブオイル。パンとクリームチーズとカフェオレで15dh。オリーブオイルは備え付けで使いまわしだったっぽい。
私アラビックはもちろんの事、フランス語もぜんぜん分からず(メルシーと1.2.3くらいしか知らない、サバーって言われたらなんて返すんだっけ?)注文に戸惑う。
ウズベキスタンのチャイハネ思い出す。


160dhもする宿。
タイルと残念な感じの牛柄?の毛布。
閑散としてるけど中庭にどーんと木がはえてて鳥の声がうるさいくらいでそこはいい感じ。
部屋の中にシャワーとトイレも付いててわりと広い。
お湯がちゃんと出るか確認しようとしたら10分待たないと出ないと言われたから諦めたんだけど、ほんとに10分待てば出るのか疑問…。
明日元気になったらもう少し安めの宿に移ろうかな。

| | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.momokokinoshita.com/trackback/172
トラックバック