撮影
ロケ日和だったGW真っ只中、千葉の船橋市、小室駅近くの県民の森という場所で今季のアイテムの撮影をしてきました。

昨年はカメラマンの土橋さん、モデルの渡邊さん、私というとてもこじんまりと敢行したのですが、
今回はヘアメイクの佐藤さんも加わり、新緑の美しさに心奪われながらのワイワイ楽しい撮影となりました。


朝一原っぱにキャンプ用の椅子を出しての青空メイク。
当たり前ですが、やはりプロのヘアメイクが入るとぐんと画面のクオリティがあがるもんだと実感しました。
一度覚えてしまったら無しには戻れないですね。
また佐藤さんのエピソード過多な軽妙なトークが面白すぎて色々忘れられないです。











これは私が携帯で撮った画像ですが、正規の土橋さんの撮った写真がとってもよい出来上がりです。
近々WebにUPしますのでぜひご覧になってください。

早い時間帯の強い光と新緑の生命力と強い色味の洋服の対比だったり、西日のオレンジの優しい光とモノトーンの洋服の関係性だったり、土橋さんの頭の中のプランを実際上がってきた写真の中で見た時にとても心動かされました。
また、朝から晩まで同じ森の中を行ったり来たりして少しずつ移動しながら撮影し、正直私にとっては大差ないおんなじような森に見えてたのですが、土橋さんは面白い木や場所によっての草の生え方の違いや種類、倒木等、森の中の環境をより細かく分析し、日の光の向きを考慮しその場の対応で作品に生かす姿勢も見学していてとても面白かったです。
今日はたくさん撮った写真の中からWebに載せるものを選んでいて、撮影をこの場所に決めた必然性と画面のコンセプトが伝わってくる写真ばかりで選ぶのに難航しました。
またWebにアップしたらブログでもご報告させていただきます。
 
| 日々のあれこれ | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.momokokinoshita.com/trackback/159
トラックバック