展示会準備始まってます

旅行ブログがぴたっととぎれたままですみません。

一人旅と違ってすぐ横に話を聞いてくれる友人がいると、伝えたい欲もタイムラグ無しで解消されてしまってなかなか書くまでに至らなくなってしまって。。。

携帯の中に書きかけの記事が何本か残っているので、気が向いたらアップできればと思います。

ブログには登場してない後半もとても楽しかったです。東チベットはぜひまた行きたいです。

 

帰国より一ヶ月経ちました。11月の展示会に向け準備をしています。

まだテキスタイルが出来ておらず、かなりぎりぎりになるかと思いますが、展示会では良い物をお見せできるようにはりきってまいりたいと思います。ぜひ会場まで足を運んでいただければ幸いです。今回は初めて福岡でも開催予定です。

京都からの福岡と一度も帰らず2週間というかなり長丁場、体力的に一人で乗り切れるか少し不安もありますが、京都も福岡も好きな街なので楽しみです。

 

YURTAO 2017collection 受注展示会日程予定
2016.11/22-27 in 京都 ギャラリーモーネンスコンピス
2016.12/1-4 in 福岡 art speace tetra
2016.12/16-18 鎌倉 オープンアトリエ
2016.12/23-27 in 東京 NO12GALLERY

 

 

オープンアトリエとありますが、そうなんです、

実は物件が見つかりました!

この1年、物件をゆるゆると探し続けてきたのですが、予算も少ない中、条件が合う物件はほんとに数えられる程すらもなく、

ときたまあってもなかなかぴんとはこなくて、厳しいなあと思っていたのですが、ぽんっところがりこんできた物件がとても面白くて、すっかり気に入って即決でした。

ピンとこなかった物件を悩みながら借りなくてよかった〜

引っ越しは来月なので、作業ができるのはまだ先になりますが、新しい空間をどう作ってつくっていくか(賃貸なので改装とかは出来ないのですが)考えただけでもワクワクします。

ぜひ遊びにいらしてくださいね。

 

こちらは大城戸織布さんで作っていただいた新作のテキスタイル。

珍しく柄が入っておりません。

ストレッチ糸を生かしてラメ糸をぽこぽこさせたテキスタイルです。SHIBAFUと名付けました。

柄フェチなので柄が入っていないとなんとなく不安になるのですが、テクスチャーに特化させてみようと初めての無地っぽいテキスタイルです。(縞柄なので無地ではないかも)

今週まさに織ってもらっているのですが、洋服にしたらどんな感じになるのか完全には予想がついてないのでその余白の部分が楽しみです。

いい感じになればいいなあ。

 

 

 

 

 

 

 

| 日々のあれこれ | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都展と鎌倉展







京都での3日間の受注会無事に終了しました。
お越しいだだきありがとうございました。
3年目になる京都は、3回目にしてなんとなく今までより、慣れてきた?馴染んできた?感じがしてとても楽しかったです。
京都で定期的に展示会をしようと思ったきっかけは、伝統と文化が幾重にも重なり奥深すぎて手に負えなさそうな京都という街を感じてみたいと思ったのがきっかけで、きっと観光で行くより仕事で行く方が楽しいんじゃないかと考えたからです。
今後も着々と京都という街との距離を詰めていきたいです。


布博や、インスタグラムでYURTAOを知ってご来場くださった方もかなりいらっしゃり、情報収集を始め色々と不精の私としては、皆様のアンテナの感度やフットワークの軽さに頭が下がります。
インターネットの中の膨大な情報量の中からYURTAOを見つけて足を運んでくださりありがとうございました。

布博に続き京都受注会も次のイベントが迫っていて京都観光はままならないままとんぼ返りだったのですが、今年は11月にも京都で受注展示会を開催します。
その時は1週間たっぷりと滞在する予定ですのでもう少し色々と見たり食べたりしたいです。

昨年に引き続き今年もお世話になった京都のgallery110さんはこじんまりとしていて、気負わなくてもよい程よいスペースと東京でいつもお世話になってるNO12GALLERYさん同様、いい意味でほっといてくれてとても居心地がいいのです。
また、お客様が途切れる時間はすぐに、同じ運営元である、ギャラリー隣の本と洋服のセレクトショップ、コトバトフクに遊びに行けるのも嬉しいです。
日本の若手デザイナーの洋服がセレクトされていて、こだわりの洋服達を実際に試着させてもらったり、店長のフジイさんとお喋りするのもとても楽しく、ついついフジイさんのお仕事のお邪魔してしまいがちでした。


11月の京都展は場所を変えて初めての場所でやる予定で、(110にもまた戻ってくるつもりですが)そこもまた面白く意外性のあるスペースで、可能性をとても感じるギャラリーです。
今からどんな展示にしようかワクワクしています。
お楽しみに。
期間は11月22日から27日です。
丁度紅葉シーズンですので是非、京都観光のついでにYURTAO展示会もよろしくお願いします。

11月か12月、東京でも開催したいと考えていますが、京都と合わせて今回は広めのスペースを見つけられたらなーと考えています。
もし、おすすめのレンタルスペースの情報をお持ちの方は教えて下さい。
よろしくお願いします。


そして今週末の土日はいよいよ受注会ラスト、地元鎌倉です。
昨年コモノ展をした極楽寺のOFF SEASON GALLERYにて、11:00〜18:00の時間帯で開催します。
梅も咲き始め、春の気配が日に日に色濃くなる鎌倉へぜひお散歩のついでにお立ち寄り頂ければ幸いです。
お待ちしています!





| 日々のあれこれ | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都での受注展示会始まりました。
東京での受注展示会が無事に終了しました。
足をお運びいただきありがとうございました。
新柄のプリントワンピースもジャガード織りのアイテムも好評でホッとしました。



新柄の夜の街柄。
コットンシルクのロングギャザーワンピース。ウエスト部分に紐が入ってるので絞り具合でシルエットが変わります。
4配色のうちやはり、こちらのイエロー×グレーが人気です。



寒色好きの方はこちらの色を選んでくださる方も多いです。



私のお気に入りの2色。
似合う人が選ぶべきして選んでくれる感じでした。嬉しいです。









新柄の鳥の羽根ジャガード生地のワンピース。
ピンクがやはり派手すぎるのか、迷いに迷ってグレーを選ばれる方続出でした。
夢と実用の狭間で苦悩する女子達をにやにやしながら眺めつつ、その光景こそ私にとって幸せでした。

そのほかメンズ用に作ったサルエルパンツは、男性にも、思いの外女性にも選んでもらえ、中にはご夫婦で兼用するなんて声もあり嬉しい限りです。




さて、ご報告が遅くなりましたが本日19日から21日までの3日間、京都のGALLERY110にて受注展示会開催します。
関西方面の皆様よろしくお願いします。

GALLERY110

京都市中京区西ノ京職司町67-15
1/8bldg 4A
セレクトショップ、コトバトフクの隣

最寄駅は地下鉄東西線二条城前駅です。
3番出口徒歩5分。

12:00〜19:00

| 日々のあれこれ | 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
新年あけましておめでとうございます


新年あけましておめでとうございます。
2015年はたくさんの方にお世話になり、応援してもらい幸せな一年でした。
YURTAOの活動も気づけば8年もしていて、まわりも活動をしてきたからこそ出会えた人達ばかりで、布を作るのもとても楽しい上、人間関係もどんどん楽しくなってるようで本当にありがたいです。
性格上いまひとつストイックさにかけ、自分に甘い私ですが、感謝を胸に気合い入れ直して2016年もはりきってまいりたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。
昨年途中から放置していたブログももっとマメに更新したいです(毎年言ってるけど。。。。)
仕事納めも無く仕事始まりもなく、すごく中途半端な状態の物がミシンにかかったまま年を越してしまいましたが、それでも久々に家族が集まりだらだら飲んだり食べたりしてるだけの割には妙に清々しい気分になるお正月が大好きです。
新年を機に自分がバージョンアップ出来るような錯覚に陥るからでしょうか。
ストイックさに欠けているから昔からストイックな人にすごくあこがれがありまして、ストイックを目標にした事もあったけど、そこはもう絶対自分には無理だと28歳くらいで悟ったので、色々考えた結果、基本怠け者だけどなるべく自分なりに頑張る。といった、至極曖昧で自分に甘い目標にに落ち着いてから数年経ちます。
高い目標を掲げては達成できない上、目標意識すら薄れていくのが常なのですが、やはり今年もこの清々しいお正月の空気に押されて、高く目標を掲げてしまうわけで。
“仕事上で何気なくやってる事にもっと神経を使う。考える。”
“時間の使い方がうまくなりたい。”
“4月をすぎたらアトリエ物件をまじめに探す。”
が今年の目標です。
あと、細かい事で言えば
展示会でクレジット決済をできるようにするだとか、壊れかけのiPhoneを変えるとか、ホームページのあそこをあーするとか、
面倒くさくて今年に持ち越してしまったこともちらほらあります。
あと、夏前にちょっと長めの旅行に行きたいです。
どこに行こうか絶賛考え中です。どうしよう。

2月は京都布博を封切りに、東京、京都、鎌倉、東京布博と怒濤の5週連続のイベントで、私がもっとも頑張らなくてはいけないのは体調管理かもしれません。
与えられた残り一ヶ月の準備期間をまずはしっかりと望む所存です。

以下ざっくりですが日程です。
よろしくお願いいたします。
お会いできる日を楽しみにしています。

2/6.7 京都布博 みやこめっせ

2/11-15 東京 受注展示会 NO12gallery

2/19-21 京都 受注展示会 gallery110

2/27.28 鎌倉 受注展示会 OFF SEASON gallery

3/5.6 東京布博 京王閣







そしていよいよ、1年以上かけて準備してきた『FABRIC CARAVAN BY YURTAO』が2月に発売されます!
今まで生地売りのご要望にYURTAOとしてなかなかお応えできなくて心苦しい思いもあったんですが、
FABRIC CARAVANはテキスタイルメーカーのKOKKAさんより発売されますので、街の洋裁屋さん、生地屋さんで売られます。
私はデザインを担当させていただきました。
ファブリックキャラバンという名前にも込めたように、どこか旅や民族布を感じさせようなシンプルで力強い柄にしたいと思いながら描きました。
色は大好きな蛍光色だったり金色だったりと、KOKKAさんと一緒にとてもこだわって作りました。
出来映えにとても満足しています。
ハンドメイド好きのたくさんの方のお手元に届いてほしいと願っております。
また布の発売と同時に販促品として型紙も発売される予定です。
また詳細等追ってこちらでご報告させていただきます。













 


 
| 日々のあれこれ | 01:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
コモノ展鎌倉極楽寺編無事に終了しました。








旅するコモノ展in鎌倉極楽寺
無事に終了しました。
あっとゆーまの楽しい4日間でした。
たくさんの方に見ていただけ嬉しかったです。
天候にも恵まれ連休だけあり、聞くところによると江ノ電に乗る事すら一大苦労だったとの事。
人混みをかき分け足をお運びくださった皆様、また暖かくサポートしてくださったOFF SEASON gallery、ハレノバのスタッフの皆様ありがとうございました。
激混みの鎌倉であっても極楽寺はゆったりした空気が流れていてとても居心地が良かったです。
毎日ドーナツを食べていたので体重が心配です。
しばらくはドーナツ断ちをしなければ。

高校の時にクラスは一緒になった事ないけれど、よく江ノ電で一緒になって話していた同級生がFacebookでコモノ展の事を知ってふらりと立ち寄ってくれて、10数年ぶりに会えてとても嬉しかったのですが、その影響か今朝は自分が高校3年生設定の夢を見ました。
夢の中の高校では、進路で進学コースとフリーター&自由業コースに明確に分けられており、私を含め自由業コースの人達のダメっぷりは妙にリアルでした。


次は10月9日から4日間、富ヶ谷のカフェルシャレで旅するコモノ展予定しています。
そちらもよろしくお願いします。

そしてその前に私は今日から一週間仕事をお休みして夏休み旅行に行ってきます。
朝から玄関に積み上げてた搬出物を所定の位置に戻し、パッキングをし、発送作業をしてから、激混みの鎌倉を巨大リュック背負って走ったのでヘロヘロです。

あほみたいに巨大なリュックを背負って気恥ずかしさこの上ない時に限って、話した事はほぼないけど顔見知りのご近所さんに会ったりするのは何故でしょうか。
そりゃ笑われもします。
普段、平日の真昼間からラフすぎる格好でうろついてる私としてはこれ以上、はみ出し者感を出したくないわけで。少なくとも実家付近では。

ともあれ、久しぶりの旅行とてもテンションあがります。
楽しんできます!






| 日々のあれこれ | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
日々日記


びっくりする程夏真っ盛りですね。
前回のブログ更新が4月、というわけで大変長らく放置しておりました。
誰かに怒られるわけではないのですが、誰かに平謝りしたい気分です。
せめて、今年の残りはもう少しまめに更新したい。。。

展示会でオーダーいただいた物、お渡しが遅くなってしまった方も多くいたのですが、なんとか、やっと、終わりました。
お待たせしてしまい申し訳ございません。
また改めて、ご購入いただきました皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。
今回は春秋頃に丁度いいアイテムが多かったのにもかかわらず、遅い方には7月も中頃のお渡しになってしまい、
申し訳ない思いでいっぱいです。
今までは、春に洋服の受注展示会、秋にコモノ展を恒例としていたのですが、洋服のお渡し時期がどんどんずれこんできていて、お渡しした頃にはもはや暑くて着られない、という事態が続発してる現状をどうにかしなければと思っています。
そんなわけで、来年一年かけて展示会の時期を半年ほど繰り上げたいと考えています。
2016年の受注会は1月に予定しています。(そして秋のコモノ展を一回休んで、11月頃に2017年の受注会を開催したいのです)
どうか皆様よろしくお願いいたします。

展示会が2ヶ月早まるという事は、いつもより2ヶ月前倒しで準備を進めなければいけないのですが、そもそも計画性が無い私。
7月に始める予定だった、新作のテキスタイルの企画にやっと手をつけました。(すでに計画から一ヶ月遅れという。。。。)
今回は新しい技法にも初挑戦する予定でとても楽しみです。
プリントの新柄も出します。
YURTAOの場合、シーズン毎に一新されるテキスタイルではなく、色を変えたり素材を変えたり、洋服にしたりバッグにしたりと、ひとつの柄と数年にわたってつき合っていく事になるので、飽きないもの、シンプルでいながら新しいもの、そんな柄を描けたらと思うのですが、いつもとても悩みます。
あとすごく当たり前の事ですが、間に合うようにがんばります。

新作の企画もぼちぼち始めつつ、9月10月には恒例のコモノ展があります。
今年も画家、イラストレーターの岡本果倫ちゃんとの二人展です。
こちらの準備も徐々に始めております。
コモノ展は当初のコンセプト?が、自分にプレッシャーをかけず、ゆるく、楽しく、出来る範囲でちょろっとやってハギレを捌けさす!という、普通の人より自分に甘い私がより自分を甘やかす事を是とするモチベーションでスタートしました。
そんなわけで初心を忘れず気楽にやりたいと思います。
とはいえ、新作のアイテムいくつか出します。
そこはがんばりますので、私だけじゃなく、足をお運びいただいた方にも楽しんでもらえるような展示になればいいなと思っています。
鎌倉の会場は極楽寺にある『OFF SEASON gallery』という今回初めての場所です。
江の電極楽寺駅から徒歩2分です。長谷からも歩けなくはないです。海にも歩いていけます。
丁度9月の連休の前半にあたりますので、鎌倉観光がてら遊びにきてくださいね。
併設のカフェ、ハレノバもとても気持ちのいいカフェで自家製ドーナツが美味しいのでお楽しみに。
東京の会場は、早3回目となる『Le Chalet』ルシャレです。
ご存知の方も多いかと思いますが、とても美味しい天然酵母のパン屋『Le Vain』ルヴァンに併設されてるカフェ店内です。
パンもカフェメニューも絶品ですのでお腹すかせて来てください。
ルヴァンでパンを買って、ルシャレでパンを食べて、ついでに展示を見てもらえれば幸いです。

鎌倉
9月18(金)ー21(月)
OFF SEASON gallery 極楽寺3-6-14
*21日の祝日はカフェハレノバはお休みになりますのでご了承ください。

東京
10月9(金)-12(月)
Le Chalet/Le Vain TOMIGAYA 富ヶ谷2-43-13

また時間等詳細は追ってUPします。

画像は、昼間の暑さに立ち向かう勇気もなく、ほぼ家に引きこもっている私の携帯の中に唯一存在した夏らしい一枚。
海とビールです。
近年、かなりの高確率で軽い熱中症になるのですっかりおびえているのですが、とはいえ8月は一年で一番開放的な気持ちになる月でもあり、引きこもってばかりじゃ駄目ですね。
海とビールももう一回くらいやりたいです。
楽しげな寄り合いがありましたらぜひお誘いくださいませ。
それでは。


 
| 日々のあれこれ | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
工場見学


今日は午前中、1時間ほど電車に揺られて宇治のちょっと先に位置する、泉工業さんで工場見学をさせていただきラメ糸を作ってる工程を見せていただきました。

私は普段、ありものの布地にプリントや刺繍で加工をしているので、布を作る元の糸というのは自分で選択するわけではなく、直接関係ない気がしていたのですが、実際目の当たりにするととても興味深いものでした。
布は糸の素材やより方や様々な条件が積み重なって出来上がるんだと、特に今日見せていただいたラメ糸の工程は見た目にもキャッチーでイメージしやすかったです。
今まで布や糸の事ちゃんと勉強してこなかったので、もっと自分のやっている事とどう関係するのかとか考えながら勉強していきたいと思いました。
また、ずっと探していた良い感じのラメ布のかなり直接的な収穫もあり、嬉しかったです。
お忙しい中対応してくださった、泉工業の皆様ありがとうございました。

写真はラメ糸を作る工程で出てしまう端材だそうで、勧められるがままに一部いただいてきたのですが一体何に使おう…。
| 日々のあれこれ | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
友人の子どもに会ってきたので。
高校2年生の終わり頃に知り合い、今はなき鎌倉の小さな美大予備校で高校三年生の刺激的な受験シーズンを供に過ごし、揃って受験に失敗し、浪人時代はそれこそ家族よりも多く同じ時間を共有し、辛いような楽しいような不思議でハイテンションでモラトリアムな浪人一年を経て、なんとか互いに美術大学に進学した後は、同じ歩調でこてこてのバックパッカーになっては、春休み毎に一緒にインドやら中国をまわったりと、数えきれないたくさんのいかした思い出を共有してる、家族のように大切な友人がいます。

で彼女は、10代の頃より誰からも抜きん出て持ち合わせていたバイタリティを存分に発揮し、今や家庭を守る強くて面白い三児の母でもあります。

2ヶ月前に産まれた3番目の女の子は、ももちゃんといいます。

漢字は違うけど同じ響きの32歳下の小さなももちゃんに風邪が治ったのでやっと会ってきました。
名前がももちゃんだと聞いた時、なんともこそばゆい幸せな気持ちになりました。
もちろん両親が付けたい名前がたまたま、私とちょっとかぶってたんだろうけど、でも例えば私の存在がすごい残念な感じだったら、同じ響きの名前を付けるのは憚られたのでは…と思うとやはり、どこか他人事ではない嬉しさがふつふつと沸き起こります。

小さなももちゃんを見ながら、ももちゃんが私の今の歳になる頃には私は64歳なんだな…とかくだらない事をぼんやり思います。
私達は繁殖しているって漫画は内田春菊だったっけ。残念ながら私は人類の繁殖にまだ貢献出来てないけど。
でも徐々に老いてる実感はあるわけで。で友人のこどもたちの成長の煌びやかさたるや。
世代交代に想いを馳せてしまうのはしかたない。
私はきっと死ぬまで、私より32歳若いももちゃんの幸せを願ってるよ。
末長くよろしく。


て、なんか感傷的で気持ち悪い文章だけど…。

| 日々のあれこれ | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
シルクスクリーンプリント
あっとゆーまに今年の最終月になってますね。
それも、はや中旬?
心臓の下らへんがひゅうーと寒くなるのは、外気温のせいだけではないはず。
時間の流れが早過ぎて恐ろしい。
お願いだからもうちょっとのんびり流れて欲しい。

モロッコから働く気満々で帰ってきたはずなのに、なんだか11月は風邪が治りかかってはぶり返し、治りかかってはぶり返したりして起動力に欠けてしまいました。
やっとなんとか通常に。

そして、先々週と先週は来春のアイテム用にプリントを刷りに久々に奥田染工場に行きました。
昨年より半月くらい早かったので、まだ氷張ってませんでした。
よかった!



糊を混ぜながらあれやこれや配色考えるのは楽しくてドキドキしますね。

今回は以前の古い柄を版を作り直して、新配色も加えて復刻する予定です。
私は余白を埋めたがりなのでベタ面が多く、糊の使う量がいつも大量になってしまいます。
しっかり混ぜるのも一苦労。


糊はバインダーというボンドの様な役割をする粘度のある液体に顔料を混ぜて作ります。
まずは少量、50gのバインダーに0.1cc単位で注射器で顔料を計り投入し混ぜます。
顔料の種類はとてもたくさんあり、(例えば黄色い顔料だけでも赤系青系等5,6種類くらいある)どの顔料を何%の濃度で何cc入れたか記録しながら理想の色を作ります。
色糊を作っては、布に試し刷りをして乾燥させるといった作業を繰り返しながら、濃度や色味を調節していきます。

黒など単純な色だとわりと早くたどり着けますが、例えばよく使う、赤系寄りにならず、かといって青寄りでもない薄いグレーだったりとか、黄色に赤や青や黒を混ぜて辛子色にしたりだとかの微妙な色は、作れば作るほど正解がどのあたりなのかがわからなくなってきたりするので難しいです。
本生産後、カラーサンプルではいいような気がしたけど、もうちょっと青みを足せばよかったなぁ、とか思う事もあります。

なんとか色が決まり、その後その取れたデータを元に量産用に数キロ単位で同じ色糊を作ります。

…が、
私の大雑把でめんどくさがりな性格が災いしてか、そのデータを取るという技術に著しく欠けており、50gで作って得たデータで5キロの糊を作っても全然同じ色にならないという悲しい現実。
ちなみに、職人さんを含め工場で刷ってる私以外の人は、たぶん普通にちゃんとこの作業出来るらしいので羨ましい。出来る気がしない…

最近は諦めていて、50gでなんとなく使う顔料の種類だけ決めて、色味と濃度は本番の糊で調節してます。
だから無駄に時間がかかるし、同じ生地をまた作る時に再現性が弱いわけで…。

また、最初にサンプルを刷り、1mあたり何g糊を食うかも調べます。
それによって何キロ糊を作るか決めるわけです。

…が、
このデータもなぜか合わない…。
理想は50m刷ったあと、残りの糊が500g以内だと、してやった感がありますが、何故か数キロ単位で余ったり、刷ってる途中で足りなくなったりします。(足りなくなる方が非常に困る)




今回の糊。
阿保みたいに蛍光色ばかり使ってしまった。
小物は大丈夫だとしても、服ははたして売れるのか…という不安。
と言うか、経験上売れないのは分かっているので、モノトーンや渋色系をいつもはおさえで一配色は入れるのに、今回うっかりしてて全てがぱやぱやっとした浮世離れ感甚だしい配色だという事に刷ってて気づきました。
やばい。
致命的な気がしてきたので後日渋色系刷り足そうかと思ってます。
とにかく八王子が凍る前に終わらせたい…。
生産の時期は、布を買ったり加工したりに、ひたすらお金が羽ばたき出てくので、自分の頼りない財力が持つのか常に不安…。


腕が痛くなるくらいしっかり攪拌して完成した色糊は、最後にゴミや固まったバインダー等を取り除く為に、紗で濾してからプリントに備えます。
この濾す作業も、紗を空中に持ち上げそこから粘度のある糊をぬる〜と出すのにかなりの力が必要で5キロ以上だと地味に疲れます。

ここまでが下準備。
さて、次はいよいよ捺染台に移動です。

長くなったので続きは次の記事に。






| 日々のあれこれ | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日からspiralです


旅するコモノ展@ルシャレ富ヶ谷無事に終わりました。
たくさんの方に足をお運びいただきとても嬉しい日々でした。
ありがとうございました。
一年ぶりのルヴァン、ルシャレは相変わらず美味しい食事と人のぬくもりに溢れていて、主のように居続け、スタッフさんの優しさに包まれながら美味しい物を食べ続けた一週間でした。
幸せでした。
かりんちゃんもすっかり味をしめ、私達早くも来年もやる気(食べる気?)満々です。



明日からはspiralのRING後期スタートです。
16日までやっているのでどうぞお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
私は明日3日の午後に数時間在店したいと思っています。他の方の展示を見るのも楽しみです。



明後日以降はしばらくパタパタと羽を伸ばそうかと。
久々のファラウェイです。
楽しみだー

今季とても人気だったコクーンシルエットのシャツワンピース。
ポケットが大きくて、ワンピースとしてもはおりものとしても着れるものを作りたいと思ったのは、そもそも自分が旅行に着て行く服が欲しいなと思ったからです。
というわけで激しすぎた為かあまり出なかった生地で、急いで自分用にワンピース作りました。


確かにこの面積をこの色柄で占めると、激しい通り越して攻撃的かもしれない。
せっかく作ったけどますます社会からはみ出しそうで不安…


| 日々のあれこれ | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/8PAGES | >>